高野 哲

2013/09/26

2013/09/26

中津川SOLAR BUDOKAN。

大トリのTHEATRE BROOKが終わって、
出演者とスタッフで大成功を祝い乾杯したその瞬間、
豪雨。
堰を切ったかのような雨。
その場にいた誰かがポツリと、

屋根に当る雨音が、神様の喝采の様だね。

ロックフェスとしての課題。
太陽光で、という命題からの課題。
毎年毎年立ちはだかる幾つもの課題を、
大きな歩幅でクリアしていく佐藤タイジの後ろ姿が
僕にはハッキリとイメージできます。
完全に微力ながらも、佐藤タイジの傍で歌えること。
全身全霊で光栄に思います。

参加された皆さん、
これから参加する皆さん、
あなた方は、
とても美しい。

この時代に生きている誇りを胸に。

Always Respect。

              高野哲。

2012/08/25

2012/08/25

20120826-003134.jpg

2012/08/03

2012/08/03

遂に発表されました!
THE SOLAR BUDOKAN!!!
拍手!!!

「ありったけの愛だけであの太陽は出来ていると思いませんか?」

と、歌い続け、問いかけ続けたタイジさんに、
今こそ我々は応えませんか?

異議無し!と!

THE SOLAR BUDOKAN web site:佐藤タイジが語るTHE SOLAR BUDOKAN

賛成!と!

いつでもシンプルなタイジさんの思い、
いつでも圧倒的なタイジさんの行動力、
いつでも全開なタイジさんの笑顔そして、
いつでもモジャモジャなタイジさんのモジャモジャいや、
いつでもありったけなタイジさんの愛。

俺はせめてパネルにでもなろうと。
程度の微力ではございやすが、
参加出来て光栄でございやす。

12/20頃には日本は世界はどうなってるかな。

              高野 哲。

2012/04/24

2012/04/24

突然の訃報。
訃報なんていつも突然か。
クソ。

馬場育三氏とは、以前よく呑んだ。
年上なのに、人なつこくて、優しくて、変人。
通ってた呑み屋で何年か振りに再会した時に、
いきなり後ろから抱きつかれて、びっくりしたな。
俺の活動を知っててくれてて嬉しかったのを思い出す。
それからその店でよく集まっては呑んでたな。
思えば、樫本と茂呂がnilを脱退した時に、
最初に電話したのは馬場さんの携帯だった。
「俺はDragon Ashがあるから出来ないけど、誰かいいヤツいたら連絡するよ」
って言ってくれたな。
どんどん思い出すなあ。
最後に呑んだのは井の頭通り沿いの店だったかな。
朝方4時頃に呼び出されて、いったい何の話かと思ったら、
他愛もない話で終わったな。
あ、その後に池袋で呑んだか。
どっちが最後だったかな。
最期。か。

寂しいなあ。

馬場さん、
計画としては40年くらい待たせちゃうけど、
必ず俺たちもそっちに行くから待っててね。
また呑もうね。

               高野 哲。

2012/04/18

2012/04/18

ほぼ快晴な本日。
今日もいい天気、今日も誰かにとってのいい転機。
とは、友人MASSIVE氏の名言。
そんな今日なんて日はTHE JUNEJULYAUGUSTの
セカンドアルバムの発売にうってつけ中のうってつけ。
発売日和。

「EDELWEISS」が皆さんにとっても
大事な一枚になるように願いつつ。

             高野 哲。

2012/03/11

2012/03/11

3月11日。
僕がちょうど代々木で歌っている頃、
僕の家族は祖父の墓参りに行っていました。
祖父は東京大空襲を生き抜き、祖父の弟は特攻隊員でした。
祖父が祖母がその世代が用意してくれた未来に、
今僕たちは、住んでいる。

今僕たちは、僕たちの孫の世代が住む未来を作っている。

              
                 高野 哲。

2012/02/25

2012/02/25

どうもどうも。
blogの存在を忘れる程のヒビですぜ。

年明けから、刺激が強すぎるライブを
nilもTHE JUNEJULYAUGUSTも
経てきております。
こんなblogなら書かない方がマシ。
と、思いつつ以下。

最近の日課。
スコップ団の団長のblogを読む。
311以前から現在までのを、読みふけっている。
来月のインディーズ電力の仙台ジャンクまでに
読破しなくては彼に会えない。と、思い。
凄い漢がいたもんだ。
日本は、日本中は見つけなければならない。
命の髄を見つけなければならない。
彼は、彼こそが、命だ。

己を恥ずかしく思う。
そんな思いを払拭しなければ、
未来は無い。
と、知る。

              高野 哲。

2012/01/04

2012/01/04

新春ムードは、俺なりには味わい、でももう終了。
明日からのTHE JUNEJULYAUGUSTのプリプロ~RECに向けて、
臨戦態勢でございやす。
ってなわけで、THE JUNEJULYAUGUSTは、
レコーディングに入ります。
セカンドアルバムです。
全10~11曲の予定。
発売日は4月某日な予定。
アルバムタイトルは「Edelweiss」な予定。
予定ばっかりですな。えーと。
決定してるのは2月10日の高円寺HIGHにて、
アルバム「Edelweiss」から全曲を曲順通り演奏するぜライブ!
を執り行います!
親切!と言えば言えるが、不親切!とも言えなくはないこのライブ。
でも、この世に一度きりしか無いライブ!ですぜ!
しかも!敬愛する近藤智洋さんと高橋浩司さんの新バンド、
「THE EVERYTHING BREAKS」を迎え!
ド派手に新年1発目をぶち上げたい!と目論んでおるです!
しかもお土産付き!かも?!未定!
乞うご期待です。

そして。
nilは1/20の高円寺HIGHから。
お馴染みDJ ISHIKAWAのイベントからスタートです。
共演はRADIOTSとLINK。
ロックンロールな夜になるでしょうなあ。
楽しみです。
乞うご期待です。

そしてそして。
私、高野哲の単独行動・弾き語り、は、
1/24の新代田FEVERから。
共演は、佐々木君だわ世治さんだわ武藤さんだし。
これまたDJ ISHIKAWAだし。
じっくり深くたっぷりと。
楽しみです。
乞うご期待です。

そしてそしてそして。
そんな賑やかな新年の幕開けですが、
今年は更に某・Z会が。
詳しくはこちらを。
http://www.zigzo.net

忙しいなあ!
嬉しい悲鳴!
ぎゃあああ!
30代最後の一年!
張り切って参ります!

皆様、今年もよろしくどんぞ。

             高野 哲。

2011/12/31

2011/12/31

2011年が終わります。

本当にあっという間だった。
特に311以降のタイム感ったら。

と、みんなが口を揃えます。
僕も全く同感です。

あの日を境に変わってしまった事、
変わらなかった事。
変わった事、変わらない事。

日付は2012年になっても、きっと、
2011年は僕たちの中では終わらないでしょう。

蒔いた種が徐々に芽を出し、
いつか大輪の花を咲かせるように。
僕の頭の中はそんな風景です。

東北の皆さん、寒くないですか?

少しずつ、良いお年を。

            
              高野 哲。

2011/12/28

2011/12/28

今あらためて聴いてますが「summer of the dead」を。
あ、darioの。
最高にえげつないですね。
正に「磨いた闇」ですな。
THE JUNEJULYAUGUSTにとって、
共演したい仲間は、この2年で沢山出会ってきましたが、
なんだったら合流して7人編成になろうよ、
ってくらい、好敵手に感じております。
って意味では、
近藤高橋高野佐藤梶原ってバンドも楽しそうですね。
そんな先日の高円寺HIGHはもう、記憶にございません。
呑み過ぎに注意セヨ。

さて。
今世紀も残すところ、90年と3日を切りました。
わっしょいわっしょい。

                高野 哲。

2011/12/22

2011/12/22

先日の、nil年内ラストの千葉LOOKは最高に楽しかったす。
終始、半笑いで演奏してたような。
Hydropもplaneもいいヤツらで、
年の瀬にしてまた仲間が増えたような。
斉藤さんは会う毎にパワーアップしてて、
千葉県民でなくて良かった気がするような。
いつもありがとう斉藤さん。

大変な2011年ですが、
nilとしては笑顔で終えられて良かった。
それが未来へ繋がる第一歩、と。
皆さん、ありがとうございました。

さて!明日は、THE JUNEJULYAUGUSTでの年内ラスト!
しかも盟友、いや呑み仲間なdarioの初CDリリースパーリー!
間違いなく、楽しい夜になりましょう!

皆さんにそれぞれの風景を見ていただきたい、と思ってます。
では明日!

              高野 哲。

2011/12/15

2011/12/15

先日の代々木ズーズズズーは楽しい一日でした。
夜な夜なはなんとPRIVATES延さんにHAPPY BIRTHDAYを
歌っていただいちゃったり。
幸せな都内年内最後でした。
クロワニありがとうね。
マティさん、またよろしくです。

さて、明日は年内最後のnil。
しかもアレの巣窟な千葉LOOKにて。
めっさもっさゴキゲンにいきやす。

よろしくどうぞ。

           高野 哲。

2011/12/11

2011/12/11

11/29LOFT、12/4MOSAIC、12/6knaveにご来場
まとめてまことにありがとう。
ついうっかり、ここを更新してませんでした。
ついついtwitterの方で、ってやってまへんが。
ぞろぞろと披露してる新曲達ももう8曲。未発表含む。
アルバム作れちゃいますなあ。
LOFTちびちゃん、大塚店長&LOFTスタッフの皆
te’ヒロ君、8-13マサテル、MOSAICスタッフの皆、
マサテルは10年振りだったね。嬉しかった。
knave上原君&knaveスタッフの皆、
夢番地レオ氏、jakeの皆、
に感謝!
大阪は今年最後だったな。
来年もよろしくね。
ありがとう。

さて!今日は約三ヶ月振りのnil!
もう待ちきれないので、行ってきます!
ってまだ9時か。ち。サンジャポでも観るか。
サンジャポもまだか。

             高野 哲。

2011/11/20

2011/11/20

いやー!
びっくりした!
ジャン・レノ!
凄いよな!発想が!
誰かを驚かせたい!って一心が、
ジャン・レノって!
ひっくり返りましたよ。

櫻さん、誕生日おめでとう。
ますますダンディギャグに磨きをかけてください。

さて。
寒くなるね。

                高野 哲。

2011/11/14

2011/11/13

先日は「高野哲と岡本竜治の、しずちゃんを探せ!」
に、ご来場ありがとうござい。
10年振りの元・相方とのコンビネーションは
たどたどしいながらも、歩幅を確認しあう様で。
それぞれの10年間を「俺こんな」「俺はこんなやで」と
照れながらも自慢げに。
楽しんでいただけましたでしょうか。

純也君の歌は実は初めて。
いつも会う時は、ようこさんを支えてるからね。
腹痛は大丈夫かな。ま、呑んでたしな。
次回はvs OHIO101でよろしくどうぞ。
近藤さんのソロ歌もよく考えれば初で。
繊細な歌とギターが悔しくなる程。
僅かな日差しのような、優しい雨のような。
会えば会う程に大好きになる先輩。
SHOWBOATに感謝!

ううむ。
しかしZIGZOは名曲揃いですな。
どうもどうも。

            高野 哲 from nil。

2011/11/09

2011/11/09

札幌。
とてもとても濃いラーメンでした。
いやいや。とてもとても濃い2日間を過ごせました。
楽しい、なんて一言では済まないんですが、
やっぱどうしたって楽しかったす。
知健ちゃん、ありがとうね。
次のFLUKEとの逢瀬はいつでしょな。
共演の皆さんも、スタッフの皆さんも、
客席の皆さんも、ありがとう。
また帰る時には、よろしくどうぞ。
河合さん、鮭待ってるぜ。

お。
明日は岡本さんとの久々のステージ。
純也君と近藤さん、よろしくどうぞ。

さて、住民票を戻さなければ。

           高野 哲。

2011/11/03

2011/11/03

先日の高円寺HIGHのインディーズ電力。
ご来場ありがとうござい。
あらためて思えば、
武藤さんシゲキ君、浅田君コータローさん、で、我々。
かなり濃い夜でしたなあ。
楽し過ぎでした。
呑みすぎました。
石川さん、いつもありがとう!
次のインディーズ電力、いつでしょう?
お楽しみにどうぞ。

今夜の吉祥寺GB。
吉祥寺でライブなんて高校生以来かも。
初めてのGBでしたが、とても気持ち良く。
いきなりの新曲×2でした。
初披露の緊張感も程々に、
良い予感しかしないですぜ。
チリヌルさん、今月末もよろしくどうぞ。

さて。
明日は荷造りに一日を費やし。
明後日と明々後日の、しあさって、ってそう書くのね。
の、札幌!
よろしくどうぞ。

寒いのかな。
よろしくどうぞ。
どうぞよろしく。

            高野 哲。

2011/10/18

2011/10/18

昨日までは、えあ?って位な暑さでしたが、
本日は秋らしい涼しさ。
昔から秋ってこんなんだったか、
それとも天候に敏感になったか。

大分過ぎてしまいましたが、
10/7のO-WESTはご来場ありがとう。
意外にも歌アリのバンドが少なくて、
アウェイというか、その実一番直球というか、
やはり天井の高い会場は大好物です。
O和田さんに感謝。
渋谷の街は顔が変わったね。

10/9は夏以来の札幌。
3月以来のスピリチュアルラウンジ。
近藤高橋さんとの2DAY初日。
そして初の高野高橋。高橋野?高野橋?
なんと歌に寄り添うリズム感よ!
歌いながら感動しましたです。
夜な夜なは河合さんとも久々に深く語らい、
野望をぜひとも実現の方向で!
新保さんありがとう!

10/10はex体育の日。
は、人生初の室蘭。道産子のくせに。
室蘭在住の従兄弟に電話するも、仙台に移住してたという。
ロック居酒屋「ええねん」は、本当に居酒屋。
色んなとこで歌ってきましたが、
一番狭い!そして熱い!楽しい!
この日も高野高橋を。
cageとも初の共演。
出会いあり奇跡ありの室蘭。
牛田君に感謝!
また必ず!

10/11は再び札幌へ。
道中、近藤さんの「everyday,everynight」が脳内回転。
隠れた名曲、なんて言い方がありますが、
そこの言ってるヤツ!隠すな!
名曲と言う名の発明品は世界を変える可能性があるんだぜ。
ノーベル賞にロック部門の開設を求めるぜ。
ノーベルロック賞、汚れた響きだぜ。いいぜ。
近藤高橋さんと別れ、Al Van She’s Comingジンボ君に感謝、
これまた初めての「フライアーパーク」へ。
壁面に飾られた、それこそノーベルロック賞級の憧れ達に見守られつつの、
気付いたら三時間。よく歌えるもんだ俺。賞をくれ。頑張ったで賞。
いや、この場合、肩叩き券でいいや。いや、ドリンクチケットで。
心地よい疲労感でビールでご満悦でした。
来てくれた皆さんにも、よく耐えたで賞を差し上げる。
宗さんに感謝!

な、日々からもう一週間ですか。
のんびり曲創りしたり、高校時代の友人と呑んだり、
その友人・純也が骨折したり、入院したり、手術したり、
してます。

僕は元気です。

                
              
                   高野 哲。

2011/10/04

2011/10/04

もう寒いくらいだ。
昼間はあったかくても、夜は。
来週の北海道は覚悟して行かなきゃだな。
楽しみでやんす。

9/30の下北沢SHELTERはおめでとうでした。
ライブ後の、0時をまわったあたりで20周年の記念日になり、
皆で乾杯など。
20才なSHELTERとの相性の良さを再認識しつつ、今後もよろしくです。
集まってくれてありがとう!

10/2の高円寺HIGHはジュンジュラにしてはリラックスな雰囲気。
だったような。
主催はお馴染み石川さんだし、共演はようこ姐さんだし。
初めてのアコギでのROLY POLYは、新たな道筋が見えたなこりゃ。
って、CD音源の再現を演っただけだったんですが。
石川さん、いつもありがとう!

そしてそして、来る10/7のO-WESTは、
どうやらキーボードを主体とした?
そんなバンドばかりの夜なようです。
ジュンジュラで活躍します。
頑張れハジメ。いや頑張るな。
張り切れハジメ。張り切っちゃえ。
キーボーディストではないけどね。
ハジメはピアニスト。

で、来週は覚悟の北海道3days。
寒いんだろうなあ。
でも、厚着しすぎると、
地元の人の薄着っぷりに愕然とさせられるんだろなあ。
一応、道産子な俺だが、毎度の額然だよ。
暖房効かせ過ぎだし、あの道。
北電もよく考えろよな。道め。
初日の札幌SPIRITUALと室蘭は、大好きな近藤&高橋さんとご一緒。
御二人を「&」でまとめると、近藤さんを呼び捨てにしてるようで、
毎度失礼した気分に。は、なりません。
3月以来ですなあ。近藤さんはね、呑むんですよ。
で、高橋さんは食い道楽。
そんな御二人と均等にお付き合いするとマズい事に。
確実に二日酔いで太った私の三日目は、札幌ワンマン。
弾き語りでのワンマンなので、ほっこりと。
ここんとこのそこんとこを報告がてら、たっぷり歌いたいですな。
道のみなさん、よろしくどうぞ。

どうぞ。

                 高野 哲。

2011/09/26

2011/09/26

急に涼しい。
急展開は仕掛ける側でありたいす。
そろそろ一番好きで一番短い季節、
ニットキャップでTシャツ期、が訪れちゃうなあ。
存分に味わわないとあかん。

「I LOVE やまだ」な俺としては、
委員長な瀬川弘勝と会話。
曰く、
支援の形が変わってきてる、と。
物資ではなくなってきてる、と。
電話じゃ伝わらないから来いよやまだに、と、無言の催促。
現場からの声はとても現実で、目が覚める。
その人が、何を求めてるか。
だから、何が出来るか。
であるようだ。より具体的に。
でしかないのだが。そもそも。
政、まつりごと、の原動力だぜ、そもそも。
特に高齢者の方々は「手」を「足」を求めてらっしゃる。
のは、想像すれば、容易い。
折角繋がった手を離したりするから、見えない。
繋がった手をもっと引き寄せたら、声は聴こえる。
手は二本しか無いが、大事なモノはひとつだけだ。
どうでもいいことは置いとけば、
大事なモノがひとつだけ残る。
沢山の荷物は背負えねえよ。
たったひとつの大事なモノを。

山戸さんが町長選で落選した。
俺の一票を投じる事すら出来る選挙であろうに。
人類は何も得てないのか。
ミスが地に落ちた。
どうやら、人類は絶滅したがってるようだ。
大事なモノはひとつだけなのに。

それは「愛」である。
とか、まとめんじゃねえぞ。
そんなものに頼るから弱くなるんだ。
LOVE&PEACEは前世紀の忘れ物だ。
時代背景ってものがあるんだ。

自分にとっての、大事なモノ。
それがわかってれば、それだ。

今を好機と生きる。

          高野 哲。

Page 1 of 41234

Page Top